一戸建ての購入記や一戸建ての売却記、中古マンションの買い方など

建売住宅購入の流れ

建売住宅購入の流れを見る

1.物件を探す、見学する
インターネットで物件を検索したり、不動産屋に出向いて、物件を紹介してもらう。不動産屋に直接行くと、未公開物件等をネットに出る前に教えてくれたりするので、ネット検索と平行して不動産屋めぐりをするのがおススメです。良さそうな物件があれば現地を見学する。

2.購入の申し込みをする
購入したい!と気に入った物件があれば、申込書に記入して申し込みをする。場合によっては申込金(10万円程度)が必要な事も。
申し込みは購入意思を見せて、その物件を押さえる目的です。銀行の住宅ローンの審査が通らなかったりした場合など、キャンセルを申し出ることが出来ます。その際、申し込み金を払っていれば返却されますし、キャンセル料等も発生しません。

3.住宅ローンの仮審査を申込する
銀行へ仮審査の申し込みをします。自分でやってもいいですが、不動産屋が手続き等をしてくれます。一つの銀行では審査が通らない事も考えられるので、複数の金融機関に申し込みするケースもあります。

4.売買契約を締結する
住宅ローンの仮審査に通れば、次は契約です。

契約前に重要事項説明を受ける。重要事項説明書の内容にすべて納得してから契約をしましょう。疑問点があれば売主に確認して解決させましょう。時間がかかるなら日を空けて契約書を熟読して納得してから契約です。

手付金を支払います。(売買価格の5~10%が多い)

契約後はキャンセルすると手付金が返金されません。
万全を期したいなら、契約前に第三者の専門家による住宅検査・診断を利用するのも一つの方法です。専門家に契約前に売買契約書をチェックしてもらう方法もある。

5.住宅ローンの本申込をする
売買契約後、速やかに申込みする。金融機関によって金利や返済期間が異なる事があるので、総返済額など、よく比較検討しましょう。

6.住宅ローンの承認を得る

7.引渡し前の物件確認(施主検査)
内覧会とも呼ばれ、設計図や間取り図を見ながら、不備や施工不良が無いか、よく確認しましょう。詳しい人や専門家など第三者の立会いを利用する人も多いです。
買主から要望しないと施主検査(内覧会)を行わない売主もいるので、必ず契約時に売主に施主検査は行われるか確認しておきましょう。
問題がある場合は、手直しをしてもらってから建物を受領しましょう。

8.再内覧会(確認会)
施主検査(内覧会)で指摘したところがしっかりと補修されたか確認します。

9.残代金の支払いと引渡し
住宅ローンで借入た資金を売主にすぐに支払う。仲介業者(不動産屋)も交え、金融機関で手続きを行うことが多い。

10.入居(引越し)

以上が建売住宅購入の流れになります。大体は不動産屋さんが売主や金融機関の間に入って手続きや必要書類を指示してくれます。しかし重要事項説明書や契約書の確認、施主検査など重要な部分があるので、買主本人も流れを把握して、よく確認して後悔しない建売住宅の購入を目指しましょう!

>> 建売住宅、購入時の価格と諸費用内訳


引っ越し料金を節約するにはこちら。引越し価格ガイドです。
引越し料金には定価がないので、困るのが業者によって料金が大きく異る事です。安い業者と高い業者との差は、単身引越しでも数万円、家族の引越しなら10万円以上の差が出る事もあります。
引越し価格ガイドなら、大手の引越し業者はもちろん、地元の中小引越し業者まで全国200社以上の優良登録業者から一括で見積を依頼・比較できます。申し込み後には引越し料金相場も表示されるので、相場が把握できて相見積もりの交渉材料にも使えますね。

 

↑ PAGE TOP