中古一戸建ての諸費用と内訳です

中古一戸建ての諸費用

中古一戸建ての諸費用の内訳

管理人が購入した中古一戸建ての諸費用の内訳を紹介します。

中古一戸建て 物件価格
6,700,000円

 

移転登記費用
131,316円

 

固定資産税分担金
11,670円

 

収入印紙代
5,000円

 

火災・地震保険料
166,680円
保険期間7年(地震5年)
建物基本1150万円 建物地震575万円
家財基本100万円 地震50万円

 

仲介手数料
281,000円

 

中古一戸建て諸費用の総額

合計 595,666円

今回は物件価格も低めで、住宅ローンを組まなかったので、諸費用はこの金額で収まりました。参考になれば幸いです。


不動産物件提案サービスのタウンライフです。大手の不動産会社から地域密着型の不動産会社まで、希望の条件を登録すれば、複数の不動産会社から条件に合う物件情報を無料で送ってくれます。たくさんある物件情報の中から、自分で物件を探す時間を短縮できます。
また、ネット上に出回る前の未公開物件も含めた新着物件情報も随時届きます。不動産の買い替えなら、不動産売却査定サービスも利用出来ます。

 


引っ越し料金を節約するにはこちら。引越し価格ガイドです。
引越し料金には定価がないので、困るのが業者によって料金が大きく異る事です。安い業者と高い業者との差は、単身引越しでも数万円、家族の引越しなら10万円以上の差が出る事もあります。
引越し価格ガイドなら、大手の引越し業者はもちろん、地元の中小引越し業者まで全国200社以上の優良登録業者から一括で見積を依頼・比較できます。申し込み後には引越し料金相場も表示されるので、相場が把握できて相見積もりの交渉材料にも使えますね。

 

↑ PAGE TOP